検索エンジンやリスティング広告で大手に勝つ通販サイトのコンテンツ。その仕組みとは


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。
先日「最初から集客することを目指した通販サイトを作りましょう」と書きました。このことは、検索エンジンやネット広告の進化に伴い、年々重要となってきています。
 

https://watanabeyoshimi.com/2015/07/04/20150704235000-2/

以前は上位表示されるために小手先のテクニックを使っていました。キーワードや外部リンクの数を増やすことがSEO対策とされ、お金をかければ勝てるような仕組みでした。しかし、今では全く違います。上位表示されるために必要なのは、ショップサイトのコンテンツ。そのサイトがどれだけ質の良い内容か、検索したキーワードにどれだけ合致したページかが成功のカギを握っています。

検索エンジンやネット広告の仕組み

検索エンジンやインターネット広告は、検索する人達があってのサービスです。検索した人が、検索の結果で上位表示されたページを開いてガッカリするようでは使ってもらえなくなります。つまり検索キーワードによって有効なサイトを提示するために、小手先のテクニックを回避して適切で質の良いサイトを上位表示するように進化しているのです。

そして、ネット広告の中でもよく利用されるリスティング広告(検索エンジンの結果ページに、検索されたキーワードと関連性の高いサイトを表示する)では、設定キーワードとリンク先のページ内容の関連性の高さを「品質」として表示順位を判断する材料の一つとしています。つまり、リスティング広告を効率的に行うなら、お客様に来て欲しいページ自体を、使いたいキーワードに相応しくしておく必要があるのです。

また、検索エンジンは更新しない古いサイトは表示したくありません。ですから今は、会社のサイトでもブログ形式などで、活発に更新することが推奨されています。通販サイトを作る場合も、店長ブログを外部リンクにせず、サイト内に設けましょう。

面倒だから、大手に勝つチャンス

ショップサイトを作る前から、広告キーワードを考えるなんて面倒ですよね。店長ブログも更新を戦略の一つにしたら、気軽ではなくなります。でも、それこそがお金で買えないSEOとなります。だから個人や中小企業が大手の会社に勝つチャンスなのです。

お金で買えないSEO

検索エンジンやネット広告は、検索する人が求めるサイトを提供しようと進化しています。では、お客様が求めるサイトとはどんなサイトでしょう?まずはキーワードに関連性の高い情報が紹介されているサイト。そして、信頼や魅力を感じることができるサイトではないでしょうか。

大手企業は安心です。でも魅力となれば、個人や中小企業が勝つことも可能です。大手企業では扱う商品や分野も広く、個別に熱意を伝えることが難しいと思います。その点、個人や中小企業の方がこだわりや個性を打ち出すことで、真面目な取り組み姿勢なども伝わりファンを作ることもできます。最近はコミュニティも重要ですが、複数スタッフのマニュアル対応より個性的な店長や担当者とのやり取りの方が盛り上がると思いませんか?

そんな、自分達をしっかり伝えるサイトを作り、リピーターを増やすことが更なるSEO対策となるのです。そして、その為にコンテンツ作りが重要なのです。

集客を目指した通販サイトとは

ここまで読んでいただけると、「最初から集客することを目指した通販サイトを作りましょう」の意味が伝わったと思います。とりあえずでサイトを作ってしまったら、後からでは出来ないことがたくさんあるのです。既にサイトをお持ちの方は、出来る対応だけでも行ってみてください。これからの方は今一度、自分達の強みや魅力を見直してキーワードやコンテンツを考えることから、ぜひ始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る