ティッシュが甘い!?ロールペーパー、ローションティッシュ、日本の紙って凄い


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

最近、風邪を引きまして、やわらかいボックスティッシュのお世話になりました。柔らかいってありがたい。ポケットティッシュで鼻かむとつらくないですか?私は5回くらい鼻をかむと、鼻の下がガビガビになってファンデーションどころか肌荒れと赤みでとても見苦しくなってしまいます。それで、今日は鼻かむな~と思ったら柔らかティッシュを箱から数枚取って、折りたたんで持ち歩くことにしてます。   最近は、ネピア「鼻セレブ」とかエリエール「贅沢保湿」とかローションティッシュと呼ばれる保湿成分を含んだティッシュまで出ているそうな…。

ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚(200組)×3個パック

エリエール 贅沢保湿 200組400枚×3箱入り パルプ100%

これらには保湿成分として、甘味成分が入っているらしく、舐めると甘いという話題もあるようですよ。しかし、ティッシュなめるかなぁ??ともかく、日本の商品開発は、痒い所に手が届くって感じで進んでいきますねぇ。

用途に合わせた紙の進化

ティッシュといっても、用途に合わせていろんな工夫をしていて、もう全くの別物になってたりしますよね。トイレットペーパーは流さないといけないから、水に溶けるように出来てるんですよね。ボックスティッシュは柔らかくて使い心地よく、キッチンペーパーはすぐに破れず油を吸収しやすいように…。
 
同じ紙なのにこの違い、スゴイですよね。日本人らしいこんな商品開発の展開、好きだなぁ…なんて、風邪を引くたびに感動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る