「風邪は万病の元」は本当だった。悪循環を断ち切るべし!


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

水腎症と診断されたのに、造影検査で腎臓に異常が見られなかった件をいろいろ調べて、素人ですが自分なりの仮説をたてました。

https://watanabeyoshimi.com/2015/06/30/20150701000016-2/

症状の展開から納得の仮説。これが事実なら、すごく嫌な悪循環です。

声渇れのノドの風邪

→風邪の咳→逆流性食道炎
→激しい咳の継続→疲労
→腎臓機能低下(水腎症?)
→尿に糖→高血糖状態
→自律神経に影響
(×糖 〇蛋白尿 でした。)
→消化器症状→下痢気味

→夜もお腹ゴロゴロ
→不眠気味→体力低下
→感染しやすい→風邪

今、お腹ゴロゴロ不眠気味。以下推測ですが、いやぁ~恐ろしい悪循環(((・□・;)))

さすがにアラフィフ。若さによる回復力が無くなり、次々に悪影響が拡がっていく恐ろしさが身に沁みます。
寝れなくても静養!逆流性食道炎でも三食はしっかりと。絶対この悪循環を断ち切らねば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る