乾燥肌やのど乾燥で欲しい加湿器2 種類や特徴をザックリ簡単に解説。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

姉が失敗した加湿器選び。周囲がビショビショに濡れてしまいます。 何か良い対策がないかと思案中。新品の加湿器がもったいないですもんね。これから購入される方はよく検討ください。 以下に、私がネットで調べたそれぞれの特徴を、ザックリ簡単に書きました。どなたかの参考になれば、幸いです(*^-^*)

加湿器の種類と特徴

★ 加熱式 ★

蒸気です。湯を沸かしたポットの蓋を開けているようなもの。

<メリット>

・加湿能力が高い。

・加熱してるので衛生的。

<デメリット>

・蒸気は熱く、お子様やペットなど要注意。

・水蒸気で純粋な水だけ発散して、ミネラル分が残るので掃除が不可欠。

・電気代が高い。

・沸騰の音。

 

★ 気化式 ★

湿ったフィルターを通った空気が出ます。実感は少ない。 濡れタオルを干しておくようなもの。

<メリット>

・熱くない。

・周囲が濡れない。

・空気清浄効果があるものも。

<デメリット>

・高価。

・安いものは、効果を感じられない不満が多い。

・フィルターの取り換えや掃除をしないとカビなど不衛生。

・ファンの音。

 

★ 超音波式 ★

ミストです。スプレーで霧吹きしたようなもの。

<メリット>

・熱くない。

・加湿能力が高い。

・他よりお手入れ簡単。

・安価。

・電気代が安い。

<デメリット>

・蒸気でなく水の粒が大きいので、周囲が濡れやすい。

・ミネラル分を含んだ水分を発散するので、周囲が白い粉に覆われることになった事例も。

・古い水などで使用すると、ばい菌の拡散になる可能性も。

・若い人は2万ヘルツの超音波音。

 

★ ハイブリット式 ★

いろいろあるようですが、主流は温風気化式。 濡れタオルを干してドライヤーをあてるようなもの。

<メリット>

・熱くない。

・周囲が濡れない。

・空気清浄効果があるものも。

・気化式よりも加湿能力が高い。

<デメリット>

・高価。

・フィルターの取り換えや掃除をしないとカビなど不衛生。

 

その後、加湿器を購入したので記事を書きました。

https://watanabeyoshimi.com/2016/01/24/20160124001021/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る