空き箱のナチュラル系リメイク3 失敗から学ぶ補強箇所。ひと手間が完成度を上げる。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

前回、紙が上手く貼れず、今回はやり直しからスタートです。

4.外箱の紙をはがして補強

3で貼った紙を剥がしましたがしっかりついた糊のお陰で、ちょっとまだらに。。そして角には、破れそうな気配が見えています。

さて前回と同じことをすると同じ失敗をしそうです。問題は、段がついている所と角の周辺が接着しにくい、もしくはシワになりやすいこと。そこで、透明OPPテープで気になる個所を、全て覆ってみました。段差の軽減にも、補強にもなるというものです。

5.再度外箱に紙を貼る

気を取り直して、2と同様に外箱に貼る紙をカットします。そして、3の要領で外箱に紙を貼ります。

上面から始めて、右側と左側。のりしろも貼ります。この辺の作業はノンストップ。紙に皺が寄らないように神経を使います。

引き出しの奥の面を貼り終えたら、後は底の面です。糊を付けると紙が伸びるので底に貼る紙は一回り小さくしておくのがコツです。 引き出しの出入口の部分は、クラフトテープで一回り。補強とデザインを兼ねています。

紙の貼り具合は、乾くまでハッキリ分かりませんが、前回より良さそうです。

 

次回で完成かな~と、つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る