介護生活の準備。チャンス到来で、在宅介護の準備は突然始まった。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

先日、信用できるアリの駆除業者を頼むために、以前お世話になったハウジングプラザさんに相談しました。

https://watanabeyoshimi.com/2015/07/10/20150710235000-2/

これをきっかけに、我が家では在宅介護を考えた部屋の配置換えをすることにしました。そろそろ介護ベッドの必要性を感じていたので、軋む板張りをリフォームしたら、重い介護ベッドも置けるようになります。家族の寝る場所の配置を考えると、引っ越しレベル。

 

ゲンナリしますが、本格的に介護生活に入ってしまえば、もっと大変になるのは必死。今のうちにやっておくのが賢明かもしれません。 介護リフォームとなれば、介護認定なども必要です。今までまだ「介護」を認めたくなかった両親も、素直に介護認定を受ける気持ちを持てたようで、そういう意味でもチャンスになりました。

山善(YAMAZEN) 電動折りたたみベッド ダークブラウン CEB-8S(DBR)  

 

分からないことだらけですが、いつかはやる日が来るのです。覚悟を決めて、前向きに準備をしたいと思います。

商品開発と介護

以前も書きましたが、商品開発の仕事をしようとしている私には、「介護をする人が少しでも楽になるものが創りたい」という考えを持っています。 

https://watanabeyoshimi.com/2015/07/12/20150712233000-2/

いっても、そんなにすぐのイメージではなく、商品開発の仕事の目途が立ってから、今後の方向性にと思ってました。ところが、ここに来て、にわかに同時進行の色合いが濃くなってきた気がします。ともかく、介護認定やリフォームを体験することで、他の方の役に立てるようなことがあれば、どんどん公開したいと思います。このブログも、テーマとして介護を追加した方がいいかもしれませんねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る