武田メガネの店舗で折り紙の折り方をもらう母。折れってか。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。
折り紙でメガネを折るCMは皆さまご存じ武田メガネ。一枚の紙で、メガネの細かいパーツを再現した、すごい折り紙です。折っていく様子を、完成まで早回しで映されると思わず見とれてしまいます。

【武田メガネCM】折り紙メガネ〈作り方〉 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=f3Yqx0FBMCs

先日、母と姉と三人で買い物の途中、武田メガネの店舗発見。姉が予備メガネが欲しいと近づくと、母がそれ以上の勢いで店員さんの所へ。「メガネの折紙の折り方、もらえたりしないかしら?」

CMを見かける度に「すごい」「面白いね」「かわいいね」と言っていたけれど、そんなに欲しかったんだなぁ。。ネットで拾えるとは知らない母は、この時とばかりに店員さんに迫り、折り方を印刷してもらって、私に「はい、お願い。」と満面の笑顔。…折れってか。

結婚前から、洋服を縫って生計を支えていた母はかなり器用な人ですが、私はその母も認める手先の器用さです。歳とともに視力が衰えてきた近年は、ずいぶん頼りにされてるようで、折りかけて完成しなかった折り紙の続きや、大好きなミニチュアの修理などなど任されております。

しかし、CM見た時点で相当の難度と感じていただけに、武田メガネの折紙の折り方、なんとA4で6ページ!写真が多いとはいえ、か~なり手強そう。

ともかく着手しましたが、途中まで進んでも、どっちが上になるのかもよく分からない始末。まるで暗いトンネルの中を進んでいるようでしたが、何とか最後までたどり着きました。

… … 何かもっと恰好が良くなる気がしたのだけど。。それでも、一応完成したので母に渡しました。「え~、カッコ悪いね。」なかなかに厳しいお言葉は想定内。「もうちょっと、どうにかならんの?(ならないの?の方言)」と言われ、探究心に少々火が付きまして後日リベンジを誓いました。

第二ラウンド

今度はどこが、どのパーツになるかを考えながら、折り進む。レンズの大きさや、左右のレンズを繋ぐブリッジの位置を思ったようにするには、初期の段階の折り位置を調整しないといけない様で難度が高い。

ネット上で、「武田メガネを折ってみました」というようなサイトも参考にしましたが、ちょっと折り方が違うようなものもある。どう考えても厚みが出て恰好が悪い所を整えるため、一部オリジナルで折ることにした。そして出来たのがコレ。

完璧には程遠いが、前回よりイメージに近づいた。折り紙に2時間くらい費やしてしまった。たかが折紙とは思わない。しかし、そこそこ忙しい日常に貴重な2時間、もう十分でしょう。果たして母の評価は如何に。「まぁまぁやね。」やっぱりな…orz

ネット検索していて見つけたかわいいランドセル。こちらの方が評判良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る