指なし手袋では指先が冷たい!マウスが使える防寒手袋が欲しかった2


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

さて、マウス操作に邪魔にならないハンドカバーが欲しいと思った私ですが、その気持ちだけでは商品化まで直結しません。なんたって普通のOLです。ただし、縫製には自信がありました。服飾専門学校を出て、北九州の某テーマパークで衣装・小道具係をしてましたから世の中にないものを創ることはわりとお手のもの。要は、やる気、モチベーションです。自分が欲しいだけでは、妄想で終わることの方が多いです。

ある日、例のごとく寒い部屋でネットを見ながら、友達と電話をしてました。手が冷たくて、思わずそのことを愚痴ると、「そうそう!マウスを持ってる右手がすごく冷えてるwwツラいww」と猛烈な共感。ちょうど友達もマウスを使っていたらしいのです。しばらくその話で盛り上がって、気づいたら「来年までには何か作るよ!」と請け合っていました。

…ですが、これだけでは本当に来年までに出来るか、怪しいもの。アレコレ構想と妄想を広げて、創るなら試作品はこんな形かな~とボンヤリしたイメージができたくらいで、その冬は終わってしまいました。

忘れかけた頃にきた、思わぬ機会

春も終わり、夏に差し掛かろうとした頃でした。私の勤める会社はシステム関係で、
HPの作成なども行い、通販のHPを作ることもあります。でも、実際の通販運営は
行ってみないと分からないこともあるので、自社商品を実際に販売してみようという企画が持ち上がりました。その通販サイトの運営は、主に私がすることも決まりました。 

そして、次の課題が自社商品です。今はOEMといって、オリジナル商品を請け負って作ってくれる工場などが増えています。それを利用して、自社商品を作ろうと考えたのですが、さて、何を扱う?

 

ここで私が思い出したのが、過去の販売経験です。商品は何であれ、本当にいいと思っているものでないと、お客様におすすめすることはとても苦痛でした。しかも、どんな質問をされるか分かりません。お客様より、その商品やその分野に詳しくないと、通販サイトを運営する自信が持てません。自社商品を決めるミーティングまでに何か、自分の得意分野で、本当にオススメできるものを作る。。そうだ!アレだしかない!

 …もうしばらく、続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る