レーザー彫刻や帯とのコラボでバッグ展に出品!


2019/5/24(金)~26(日)に北九州市八幡東区のイノベーションギャラリーで行われたザ・バッグ展に出品しました。今回は北九州クラフト協会主催で、ぽっちゃれさんとのコラボバッグとしてオマケ参加させていただきました。新聞にも掲載されてましたよ。ということで出品作品をご紹介したいと思います。



今年はこのバッグ展に出品するバッグ製作で始まりました。 革バッグの製作は自分のバッグ以来です。
レザーバッグの雨染みを消したい!ヌメ革のシミを消す方法を試してみました。

4点の出品作品

帯と革のコラボバッグは、ぽっちゃれさんのアイデア。ぽっちゃれさんは持手袋を縫製してくれている洋裁士さんです。デザインも相談しながら決めていきました。

レーザーカッター技術を習得中の私としては、革彫刻もしてみたいところです。そこで、レーザー彫刻を生かした革の持ち手のバッグも製作することにしました。

帯も良いですが、反物も革と相性が良いのを思い出しました。以前私が名刺入れを作ったときに使った反物が再登場です。
初めてのレザークラフトは名刺入れ 型紙の作り方も覚えなきゃオリジナルは創れない


こちらは綿です。反物も綿もあまり厚い生地ではありませんが、内側にバッグの生地を使っているので思ったよりしっかりした風合いに仕上がりました。
私の商品『持手袋』をご存知の方はお気づきかもしれません。実はこの商品のブラウンと同じ生地です( *´艸`)ホワイトを使ったバッグは以下のようなデザインになりました。

春のイベントなので春らしい色合いのものも欲しいな~ということで、こちらは合皮ですがカジュアルなバッグが出来ました。

どれも新しい試みを取り入れた作品で、試作を重ねて創りました。その製作作業や試行錯誤は、次回の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る