出張DIY!ブレーカーカバーを手作り4 アルミ板BOXの取り付け完了


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

ブレーカーカバーの現場取付は、年を越しての作業になってしまいました。 でも、アルミ板BOXは依頼主になかなか好評。 おせんべいでお馴染みもち吉の箱に似ているとも(笑) 結局、塗装は無しでこのまま取り付けることになりました。

7.コードスペースのカット

現場で行いたかったのは、サイズの確認と引掛け具合、コードスペースのカットです。ブレーカーに繋がるコードの配線部分は、寸法を測っても分かりにくい箇所でした。 実際に取り付けながら、邪魔な部分をカットします。

ハサミで切れるとはいえ、くり貫くように切るのは困難。ギザギザにならないように要注意です。

8.取り付け完了

サイズはバッチリ!

取り付け方法も、ブレーカー上部のコードが硬かったので、コードと壁の間を利用して引掛ける形で安定しました。 お困りのブレーカーは通常使わないのでコレで完了。 たったこれだけですが、見た目がかなりスッキリ!

扉の開閉が必要な場合は、木を使った方が楽そうではありますね。 出張DIY勉強になりました。またこのような機会があれば、がんばりたいと思います(*^_^*)q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る