乾燥肌やのど乾燥で欲しい加湿器1 購入の注意点や選び方は?


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

姉が買った加湿器は、周囲がびしょびしょに濡れて大失敗。そんな時に、父が「加湿器が欲しい」と言いだした! 80代の父に使わせても、失敗しない加湿器ってあるのかな?とネットで調査しました。

加湿器の注意点や選び方

暖房で乾燥するこの時期、加湿器が人気なのは知っていましたが、実はトラブルも多いらしい。姉が失敗したのは超音波式。商品レビューなどを見ると周囲が濡れる問題は多い。もともと、発生する水分が蒸気ではないため、水の粒が大きいのだそうです。置く場所も床置きせず、ある程度高い場所に置く方が良さそう。水分が床に届くまでに、暖房の熱い風などで蒸発するのが理想なのかもしれません。

 

加湿器は、超音波式以外にもいろんな種類があります。使い方を具体化しておくと、選びやすいと思います。

使い方チェック

・どの部屋のどこに置く?(蒸気の熱、水濡れ)

・必要なのは部屋全体?自分の周囲だけ?(適用床面積)

・使うのは昼?夜?(稼働音、タイマー)

・こまめに水補充や掃除できる?(タンク、お手入れ)

加湿器はまだ進化しています。現時点では加熱式、気化式、超音波式、ハイブリット式が主な種類のようです。

 

長くなりそうなので、加湿器の種類と特徴 につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る