高齢者のテレビ大音量を、可動式スピーカーで対応してみた。耳が遠い生活の改善。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

耳が遠い父。テレビ視聴に欠かせないのがスピーカー。 今までの父の定位置には、顔の斜め前に柱があり、座ってちょうど耳の高さに、TVの音がよく聞こえるようスピーカーを設置してました。これがあるお陰で、他の家族が迷惑するほどの大音量にせずに済んでました。今回の介護準備に伴う部屋の配置換えで、問題だったのがこのスピーカーの設置。

https://watanabeyoshimi.com/2015/07/31/20150731021824-2/

できれば、座った時にもベッドに寝た時にも、同じスピーカーが使えるとベスト。そこで耳の高さにスピーカーを設置できるワゴンを探しました。移動しやすい小型で、リモコンや番組表が置けるとさらに便利そうです。 店頭やネットを探し、通販で良さそうなものを発見。ベルーナで見つけたのがキッチンポットワゴン。

ジャーポットワゴンPW-001
高さも80cmほどで丁度いい。でも可動式になって、古いスピーカーではコードが足りず、結果スピーカーも新しく購入。介護リフォームもするのに、出費がかさんでツライorz
 

父は可動式ワゴンを気に入ったようで、すでに父仕様になってます。ともかく、ひとつ問題解決しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る