プチDIYでタイル剥がれ補修。タイル用接着剤で貼り方簡単。メーカーはやっぱり…


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

羽クロアリの大発生、介護用の床リフォーム、そんな時に限って換気扇が壊れました。台風で少々雨漏りもしたのですが、もうそれは見なかったことに…orz どうして、忙しい時にいろんなことが重なるんでしょうね。。換気扇は無いと困るので、急いで購入して取り替えてもらいました。その換気扇の近くには、ずっと気になっていたタイルの浮きが… 外れる前にキレイに剥がして、これを機に、タイルの補修をすることにしました。

タイルって長年の間に少しずつ押し合ってるのか、どこかに盛り上がりが出来て、浮いて剥がれるタイルが出てきますよね?これは上が浮いてしまったタイプ。キレイに剥がしたのに、このまま貼ろうとしても元のスペースに入りきれないんですよね。

仕方ないので、タイルに着いた目地材をヤスリで削り落として、貼るスペースに入りきれるようにしました。ここが一番大変でしたね。 目地材も持っていますが、結果的に必要無いくらいキッチリのサイズなので、目地材は今回省略としました。接着剤は、陶器に使えるものでも良さそうでしたがセメダインのタイル用接着剤を見つけたので、コレにしました。

そんなにメーカー名にこだわってはいませんが、セメダインの安心感と、タイル用とかいてあって間違いない気がしたので。そして、しっかりタイル接着!

なかなか良い仕上がりで、長く気になっていたタイル補修ができました。タイル用接着剤は、使った感じも、完全に乾いた後の具合も申し分なかったです。でも、手に着いたら洗ってもキレイに落ちにくいので、ご注意くださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る