難易度いろいろ、テンヨーメタリックナノパズルに挑戦!コツはラジペン使いかな。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

先日、メタリックナノパズルをいただいた!エトワール凱旋門。ハンダや接着剤を使わない、スチール製のペーパークラフトって感じ。超細密レーザーカットで見た目のクオリティーがかなり高いミニチュアです。

 

最近、ものづくりの新しい刺激に飢えていた所です。ナノパズルは初めてなので、難易度の想像がつかないけど、そんなに複雑そうにも見えない。ここはひとつ、どのくらいで出来るかチャレンジ!

ナノパズル スタート

まずは、パーツを丁寧にハサミで切り離す。パーツの数が多かったり、もっと小さいと、失くす可能性がありますが、今回は一気に作れそうなので全部切り離しました。説明書の順番に作業しやすいよう、切り離す前と同じ位置に並べて置くと分かりやすいですね。

ラジペンで組み立て

最初のパーツ組み立てながら、コツを掴んでいきます。小さいタブをタブ穴に差し込んで止めます。立体感が出るように、細かい工夫もされてます。

こんな小さいタブを曲げるにはラジオペンチ(通称:ラジペン)が便利です。アクセサリーを作るときに購入して以来、かなり使い慣れてます。

この辺りから、写真を撮るのも忘れるくらい作業に集中。小一時間で全体像が見えてきました。

ここまで来るとすぐ完成しそうですが、タブを入れにくくなったり、ラジペンが使いにくくなったりして、少々ペースダウン。それでも1時間半くらいで完成!なかなか満足の出来です。

内側まで精巧に出来ているのが良いですね。久しぶりに熱中しました。どこに飾ろうかなぁ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る