セクシーなかすれ声の歌手を、世良正則ともんたよしのりっていったら歳バレる。


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

風邪を引いて、ノドをやられまして今、治りかけ。家に誰もいない間に掃除をする時、ときどき大声で歌う私。今しか歌えない、いや、今こそ歌いたい曲を思い出した。

もんた&ブラザーズ「ダンシング・オールナイト」♪甘い時、はずむ心~

 
世良正則&ツイスト「銃爪」♪あいそづかしの言葉が~
これでしょ!と歌いながらご満悦(^O^)/
 
ところが、途中で歌詞が分からない箇所が…ネットで調べました。そして、意外なこと発見!「銃爪」を「ひきがね」で変換できない。なんと、「銃爪」は作詞した世良さんが「引き金」ではイメージに合わず創った造語なんだそうです。知ってました?私はずっと普通に難しい漢字の読み方だと思ってましたよ。イメージにぴったり!非常にカッコイイ造語ではないですか。これもまた賞賛する技・アイデア。私の商品開発ブログでは、手に取れる「モノ」にこだわってるので「余談」カテゴリですが、こんな発明もあるんですよねww
 
さらに余談。。テレビドラマに「世直し公務員」というのがあります。テレビ欄をザーッと見ていて、私の頭の中で勝手に「世良正則」が浮かんだ時、よく探すと「世直し公務員」を見つける。頭脳ってスゴイですよね。無意識でも働いている。そして、ちょっと癖がある。私はいつも手にしたものを、作った人がどういう意図でこれを作っているのかを無意識に考えている。ボタンの配置、角の丸み、取っ手の形…
 
そんなことを考えるのは、当たり前すぎて、みんなしていると思っていた。40歳過ぎて気が付いた。それは私の頭脳の癖で、一般的ではないらしい。たぶん、同じような人はいるけど、そんなに多いわけではない。…そうですか?合ってますか??まだ確信は持てないけれど、そんな頭の中をブログに書いて、「そう!それ一緒!」と共感したり、「そんなこと考えるのかよ?」と不思議に思ったり、変人だと思ったりしてもらえると嬉しいですね。余談ばかり書いてないで、そろそろ自分の創った商品の話も書いていきます。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る