玄関の踏み台で危ない!DIYで安全対策ぐらつき防止


踏み台の端を踏んで「危ない!」ってなった事ありませんか?先日つづけて、我が家の玄関でお客様がこけそうになりました。
以前から置いている踏み台ですが、足腰が弱っている両親がこける心配もありますし、これはぐらつき防止をした方が良さそうです。踏み台はよくあるサイズでも、少し高さがあるのと踏む場所の問題で、前にグラッとなるようです。
そこで、壁に面した側面に長い添え木を釘止めして、前に倒れないようにしてみました。添え木が片面でも前に倒れることは防げそうですし、壁に沿っているので邪魔にもなりません。
生木なのがちょっと違和感あるけどまあいいかぁなんて終わったつもりでいたら、母がマジックで黒く塗ってしまいました。
マジックだと足下とはいえムラが目立つけど、わざわざペンキを買ってくるほどのことでもない。思いついたのは、レザークラフトのコバ処理に使う「黒トコノール」。
“コバ”とは革製品のフチの所で、丁寧な製品はキレイに処理してあります。この作業に使う材料のひとつです。手が汚れても洗えば落ちるので手軽です。
黒トコノールでも少しムラにはなりますが、マジックより断然キレイ。仕上がりが完璧だと達成感が違います。やはり手抜きはイカンですね。お母さん、ご指摘ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る