マスキングテープとクラフトテープで空き箱リメイク2 オリジナル収納ボックスの作り方


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

空き箱リメイクのつづきです。こだわりポイントを中心に紹介します。 箱の内側と底に包装紙を貼ることにしたので、サイズを測ってカットするところからスタートしました。
こだわり:内側の角
面と面が接触する部分は紙を重ねたかったので、包装紙は重なり分も考慮してカットしました。

片方の面を貼りつけた後、のりしろを折りながら残りの面に貼っていきます。この時にも、方眼定規が活躍!シッカリきれいな折り目を付けたら、キレイに貼れます。

こだわり:箱の底の角
箱の底は浮いてると破れやすそうなので、全体にのりを薄く延ばして貼りました。角は対角線上に切り込みを入れると、上手く紙を重ねて貼れます。

こだわり:テープは真っ直ぐ

側面にクラフトテープを貼る時は真っ直ぐ貼れるように、最初だけでも補助線を引くのがきれいに仕上げるコツです。手間を惜しまないのが大事!

これで下の箱は完成。いかがでしょうか?次はふたの方をリメイクします。

…フタのリメイクに、つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る