名もなき発明家、アイデアマン達のひらめきから商品化まで


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

発明と言われないアイデアが、世の中に溢れてる。 日本の商品には、かなりの割合で驚くほどの工夫が盛り込まれ、ごく普通に売られ使われてる。 どれもこれもがアイデア商品のような宣伝文句だから、完成度の低いものから高いものまで一見いっしょくただけど。なんだコレってものもあれば、あと一歩の工夫があったらとなんだかくやしい、惜しい商品もある。 時には「おおっ!」と唸るようなもの凄いアイデアや工夫が、さりげ~なく使われてたりする。さりげないだけに、「コレ凄い!ここ凄い!コレ凄い!」と発見したことに感動する。

 

あんまり人に言ってまわると変人扱いされるから抑えてるけど、スゴイものはスゴイ。その辺の工場にいる普通のおじちゃんが、私を感動させる凄いアイデアマンかもしれない。名もなき発明家なだけに、月光仮面みたいでカッコイイ!

 

♪どこの誰だか知らないけれど(←作っている人)
♪誰もがみんな知っている。(←使っている商品)

 

年齢がバレるようだけど、JUST世代でもないですよ(゜Д゜)ノ よく使われてるアイデア商品を見ると、すごくピッタリな気がして、いつも頭に流れてくるんです。

商品開発の魅力

手に取った商品から開発者の努力や熱意が垣間見えた時、ここにも名もなき発明家がいると思う。便利に商品を使っている人の中で、類似商品との違いに気付く人が、いったいどのくらいいるだろう。その工夫の価値にしっかり眼を止め、感心している人がどのくらいいるだろう。それでも、商品が良くなるように頭をひねり、意見を交わし、試し、失敗を重ねて成功して、商品売ってもちゃんとした手応えはなかったり。そんな日々を続けている人が、いろんな業界にいっぱいいるんだよね。

 

本当にいい商品、いいアイデアを見つけたら、その感動をその人に伝えたいと思うようになったのは、自分が商品開発をしたからかもしれない。もっと商品を作る人と商品を使う人の距離が縮まって、感動を伝えられたり、がんばりが報われたりすればいいのにナ。 そんな気持ちを持って、ブログを始めてみることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る