壁につけたフックの剥がし方。両面テープに強力シール&フックはがしは効くか!?


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。

母用のリクライニングベッドを置くために、家族で部屋交換をしました。父が使っていたスペースの壁に、要らない名残がポツン。

センスの無さが伝わるような、こだわりの無いフック、唐突な付け位置、しかも斜め!コレが気に入らない母から、「強力シール&フックはがし」を託されました。

便利そうですが、果たして本当にキレイにはがせるのか!?半信半疑でのチャレンジをしてみました。 問題のフックは、ヘラがほとんど入らないくらいしっかり貼られています。

まずはフックの周りの隙間に「強力シール&フックはがし」をスプレーし、ヘラで液を隙間に押し込むように染み込ませます。すると段々、ヘラが壁とフックの隙間に深く入るようになってきました。

意外と早い段階で手応えを感じましたが、剥がす最後で壁がビリッとかいう失敗も考えられます。最後まで無理せず、慎重にはがす必要がありそうです。 二度三度と「強力シール&フックはがし」を周りからスプレーし、慎重にヘラで液を中心にまで運んでいきました。そして遂にヘラが中心まで達しフックが取れました!(^▽^)v

真ん中に粘着が残りましたが、壁自体は無傷です。残りの粘着部分には、再度「強力シール&フックはがし」をスプレーして固形は取りました。

さらに残ったベタベタは拭いても取れないし、ガムテープでは壁が剥がれる可能性もありそう。そこで、セロテープの粘着面を使って、軽いタッチで粘着を吸着。ベタベタのほとんどを取ることが出来ました。

遠くから見ても、ほぼ分かりません。壁にもよるでしょうが、シール剥がしって凄いですね。本当にキレイにはがせました。

ただし、作業に焦りは禁物。途中で力任せに剥がしたくなっても、我慢、我慢です。最後まで慎重に液を染み込ませて、しっかり粘着を取らないと、黒い汚れにもなりますので、ご注意くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る